記事詳細

けん玉に夢をのせて

夢に見た舞台でギネス記録達成
石巻を元気に

小野寺佑さんは「ゴリさん」というニックネームでみんなの人気者。ふだんは小学校の先生だ。2018年12月31日、NHK紅白歌合戦に、なんとけん玉で出場した。

 クラスにひとつけん玉があった。上手な生徒が日本一周をやっていた。日本一周とは小皿に玉をのせ、次に大皿にのせてから、けんにさすという難しい技。「自分にもできるんじゃない?と思ってやってみたらできたんです!」それから、けん玉に夢中になった。得意な技はフリップ系。足でける技。苦手な技は静止系。苦手だから一生懸命練習する。5分ぐらいでできるようになるものもあったが、難しいものだと半年ぐらい練習した。
 小学校3年生のとき、天童よしみさんのような演歌歌手になって紅白歌合戦に出たい!と目標を書いたことがある。「今は演歌歌手を目指していませんが、違う形で夢が実現することになりすごくうれしかったです。絶対、成功させようと思いました」と話す。これは、番組の企画で、124人が連続して玉を大皿にのせるとギネス記録達成というものだ。生放送で、失敗できないというプレッシャーの中、厳しい練習が続いた。照明をあびて、たくさんの人の前でのリハーサルでは、自分の手が自分の手ではないような気がするぐらい緊張したそうだ。「でも、本番は楽しんでできたし、達成した時は本当にうれしかったです。生きててよかった、けん玉最高!と叫んでしまいました」
 小野寺さんは石巻剣玉部の部長でもある。部員は16人。活動時間は主に土日、平日の夜。「もっとメンバーを増やして、けん玉で石巻を元気にしたいと思っています」

【取材・文・写真】
松川 美桜(二俣小学校2年生)

石巻剣玉部
練習場所
COMMON-SHIP橋通り(宮城県石巻市中央2丁目8-9)or
中瀬公園(宮城県石巻市中瀬3-18)

練習日時:不定期開催
※インスタグラム@onoderagoriにて活動予定などについて発信しています