記事詳細

大切な友人

石巻出身 ムエタイ選手 倉持天一夢の世界武者修行

 

「ポーくん」は日本で言うあだ名で、本名はパコーン・チャングラオさん。いつも明るく冗談好きで優しい友達です。チェンマイの隣町チェン ライ生まれで、ご両親はお寺で仏像を作る仕事をしています。
ポーくんは4歳の時からサッカーを始め、2018年には、イギリスへのサッカー留学候補になった実力です(残念ながら諸事情で実現しませんでした)。
タイには32のプロチームがあり、ポーくんの3歳年上のお兄さんはチェンマイのプロチーム「チェンライ・ランナ」に所属しプレーをしています。お兄さんは、イングランドで1年修行、ドイツのBayern Munich Cupにタイ選抜で出場し活躍した有名な選手です。ポーくんも実力を認められて、2019年からチェンライ・ランナでお兄さんと一緒に日々練習に汗を流しています。今年秋、お兄さんはさらに高みを目指し違うチームと交渉中だとか。
ポーくんは、いつもぼくに夢を話してくれます。「日本が大好き。優しくて楽しい日本人が大好き。日本のサッカーは、技術はもちろん、連携プレーや頭脳プレーがすごい。みんなカッコいい!日本でプレーしたい!」と熱く語ってきます。ベガルタ仙台やコバルトーレ女川のみなさん、ポーくんにチャンスはないでしょうか?ポジションはストライカーです。
どうしても日本に行きたいポーくんは推薦入学できる大学を探しています。よい情報がありましたら教えてください!


▲ポーくんのご両親が作っている仏像


▲アジアテークのタイトルマッチの試合後。ポーくん(右)と一緒に

【文】
倉持 天一夢(Traill International School 3年生)