記事詳細

記者魂 櫻井ちえ子さん 好きなことを仕事に

櫻井ちえ子さん

 編集制作部の櫻井ちえ子さんは入社して5年。会社では、記者が取材して書いた記事をパソコンでレイアウトする仕事をしている。編集作業では、いろんな人と相談してイメージし作成している。記事をデザインする上では、「読者が読みやすくわかりやすいようにすることが大事だ」と言う。
 櫻井さんは、「ちゃちゃ丸」という石巻やきそばのイメージキャラクターを作った。作ろうと思ったきっかけは、「石巻日日新聞の武内さんにすすめられ、イラストを書くのが好きなので、やってみようと思った」ことだ。どうして「ちゃちゃ丸」という名前なのかを聞いてみると、たくさん応募があった名前の中から選ばれたそうだ。
 「パソコンを使ってさまざまなものをデザインするのが好き。趣味が仕事と似ているということもあり、仕事でつらいことはなく、毎日が充実していて楽しい」と話す。
 櫻井さんは、第1号から石巻日日こども新聞のレイアウトもしてくれている。「自分のレイアウトのレベルもアップさせたい。普通の新聞ではできないことが石巻日日こども新聞だとできる。子どもの目線で、型にはまらない感じがいい。工夫してつくるのでやりがいがある。ずっと発行し続けてほしい」と話してくれた。そして、こども記者に、「好きなことを仕事にすると毎日が充実する。好きなことは頑張って伸ばしてほしい。大人になって役に立つし、それを仕事にできれば楽しいと思う」とメッセージをくれた。
 石巻の好きな場所は、日本製紙の工場が夕日と一緒に見えるところ。煙が出ている煙突が好きで、特に夕日に照らされているときがきれいだそうだ。

取材・文:こども記者一同