記事詳細

こども記者魂 八重樫 蓮さん

好きな色は青。海と空の青だから。

 八重樫蓮さんは石巻中学校1年生。吹奏楽部で打楽器を担当している。打楽器の好きなところは、「叩くだけでいろんな音が鳴るところです」。部活は楽しいが、勉強との両立は難しい。好きな教科は美術、苦手な教科は歴史だそう。
 東日本大震災の時は住吉小学校の3年生だった。「校舎の中にいました。家には帰れず、夜になって、布団も毛布もなく、寒かったので、カーテンをかけて寝ました」。震災で被災したけれど、海や山など自然が全部あるから石巻が大好きだと言う。
 こども記者になって、今まで知らなかったことをいろいろ知ることができて楽しい。一番の思い出は、針金アーティストの橋寛憲さんに取材をしたこと。ものづくりが好きなので、橋さんの考えにとても共感できた(第8号に記事掲載)。
 スポーツも好きで、特にスケートボードとスノーボードが好き。バランスを取りながら、自由に滑れるのがかっこいいと思っている。今、夢中になっているのは「スーパールーパー」という作曲をするアプリ。自分でもアプリを制作している。「次は、バトル式アプリに挑戦したいです。じゃんけんのような簡単なものから、難しいものまでいろいろ作ってみたいです。アプリに使う画像を自分で作って、演出してみたいです」と話す。
 八重樫さんにはバンドマンの顔もある。小学5年生の時、「ゆれゆれBOYS」というユニットを友達と2人で結成。友達はギター、八重樫さんはカホン担当だ。2015年2月21日にはPARK ROCK ISHINOMAKI 「石巻night」(東京、於:下北沢ERA)に出演した。そのライブの様子はYouTubeでみることができます!応援してください!