記事詳細

ラズベリーパイ お菓子じゃない!? 世界最小のコンピューター

こんなに小さいけどコンピューター

 2014年11月20日、矢本第一中学校(東松島市)で、石巻地区の中学校技術科の先生向けプログラミング講習会が開催された。普段は教えてくれる先生たちが、勉強しているところを取材した。
 どうして技術の先生たちにプログラミングを教えるのだろう?講師の阿部和広さんは、「子どもたちに直接教えると、家に帰って『おもしろかった』だけで終わってしまいがちです。でも、先生たちに教えることで、学校で授業の度に使ってくれます」。先生たちに教えることは、よりたくさんの子どもたちに楽しんでもらえるからだと言う。
 今回、先生たちが講習を受けたのは、「ラズベリーパイ」と「スクラッチ」。ラズベリーパイは、世界最小、世界最安のコンピューター。テレビやデスクトップパソコンのディスプレイに接続して使うことができる。スクラッチは、プログラミングをジグソーパズルのようにしたもので、小さい子どもも簡単にプログラミングができ、遊べるパソコン用の無料ソフトだ。
 講習を受けた石巻中学校の福島正洋さんは、「ラズベリーパイやスクラッチのことをもっともっと勉強して、生徒にいろいろなことを知ってもらえるようにしたいです」と言っていた。中学校の技術の授業、ますます楽しみだ。