記事詳細

レッドベア火育サバイバルキャンプin神戸

人参スープパスタ

 レッドベアサバイバルキャンプは、避難したときの生活を体験できるプログラム。災害がおきたとき、役立つことを1泊2日で楽しみながら学べる。サバイバル班、料理班、インフラ・シェルター班、レクリエーション班に分かれてプログラムに参加。1日目はバケツリレーやロープワーク、火おこし体験、空き缶炊飯など。ロープワークを利用して自分たちの寝床をつくり、寝袋で寝た。2日目、朝予定では6時半起床だったのにサイレンがなり、慌てて起きた。すると、「阪神・淡路大震災がおきた時間です」とアナウンスが流れた。それから、レッドベア体操や応急救命講習、1日目に学んだことが復習できるゲームなどをした。昼食はくじを引き、与えられた食材でオリジナルのスープパスタをつくった。私の班に与えられたのは、にんじんジュース、にんじん、トマトの缶詰、寒天、干ししいたけ、そして、炭酸水。あまり食べたことのない味のパスタができた。
 避難生活でまず大切なこと。それは、一緒に過ごす人たちとしっかりコミュニケーションがとれることだ。何をするにしてもみんなの協力が必要。来年、私たちのこの経験を活かして、石巻でも開催したい。
※ 旧二葉小学校は1995年阪神・淡路大震災で、大きな被害を受けた神戸市の長田地区にある。
レッドベアサバイバルキャンプ▼http://red-bear.org